地震eye事業部

地震eye事業部

地震に強い家づくりへ、地盤の揺れをきちんと見える化

「国内初」これからの地震対策の新常識、微動探査システム「地震eye®」

万が一の地震時、同じ地域でも表層地盤や盛り土の有無により、宅地ごとの揺れ方は異なります。
そして、その揺れ方の違いが、住宅の被害を大きく左右します。
一歩先に進んだ微動探査システム「地震eye®」は、ピンポイントの敷地単位での計測を可能にし、
これからの地震対策に向けた、住宅地盤調査の切り札です。

微動探査システム「地震eye®」の特徴

1. 地面を掘削しません(非破壊測定)

測定器を地表面に置くだけですので、土の上はもちろんのこと、土間コンクリート面やタイル貼面での測定も可能です。

2. 調査時に騒音、振動、排気は一切出ません

測定器から音や振動は発生せず、生活環境にやさしい調査方法です。

3. 1カ所の測定は短時間で済みます

1カ所の測定は20分程度で済みます。
微動探査は振動からの地盤の特性を推測する調査法です。
具体的な地耐力についてはSWS試験を実施する必要がありますが、SWS試験と微動探査とを併用することで、より詳しく調査地の地盤特性がわかります。

※地盤ネット総合研究所株式会社、国立研究開発法人防災科学技術研究所、および白山工業株式会社との三者共同研究にて、住宅事業社向けに商品化を進めてきた新しいサービスで、国立研究開発法人防災科学技術研究所にて特許出願中の技術です。

従来の「SWS試験」と最新の「地震eye®」を
セットで検討することで震災に備えることが出来ます

今までの地盤調査と「地震eye」の違い

これからの地盤調査は、「SWS試験」「地震eye」二重の安全安心

 

微動探査システム「地震eye」でわかること

調査地点の地盤の揺れやすさがわかります

同じ地震が来ても、その場所がほかの場所よりも揺れやすいのか揺れにくいのかがわかります。 また、国立研究開発法人 防災科学技術研究所が公表している250mメッシュの地盤増幅率と比較することにより、そのエリアの推測値・代表値との比較ができます。 建てる場所の地盤の揺れやすさによって、建物の耐震性等の設計を考慮することも可能となります。

地盤リスクの見える化によるメリット

「地震eye」を実施することで、これまでわからなかった個別宅地の揺れやすさがわかります。こうした有事の地盤リスクを見える化して知ることで、住宅設計者は地盤特性を配慮した新築時の住宅構造設計や耐震等級の検討、既存住宅の耐震補強などを効果的に生活者に提案。他の事業者に対する大きなアドバンテージとすることができます。

微動探査サービスレポート「我が家の地盤カルテ」

微動探査サービス レポートは、これまでわからなかった個別宅地の揺れやすさを数字で見ることができる「我が家の地盤カルテ」として発行され、地震が起きたときのリスクを知ることができます。

1 調査地の地盤の揺れやすさ
2 周辺の地盤の揺れやすさ
3 今後30年間に震度6強以上の揺れに見舞われる確率
4 表層地盤構造(速度構造)の目安
5 地盤の卓越周期

「地盤調査」に関するお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください

TEL 0142-23-3552

山本産業株式会社 地震eye事業部